「Q.引越しの相場:一人暮らしと家族向け、それぞれ教えてください。」について

一人暮らしの引越しでも、家族の引越しにしろ、引越し業者のホームページに掲載されているものは、はっきり言って、まったく参考になりません。子どもが生まれたのを機に、安いと言われている某引越し業者に見積もりを依頼をしたのですが、あまりに料金が高くてびっくり。後になって分かったのですが、引越し料金は交渉次第で半額以下になります。
こうした失敗をしないよう、当サイトではこれから引越しを予定されている方向けに、知っておくと便利な情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

引越しの相場について

冬から春先にかけて、だんだんと引越しの取扱量も増えてきます。

例えば、高校3年生は夏を過ぎると、完全に受験モードに入っていることと思います。

一生懸命努力して是が非でも第一志望校の合格を勝ち取れるようにお祈りしています。

受験が終わるとすぐに新天地での生活がスタートします。

また春先は新入生に限らず、社会人一年生や辞令によって転勤が決まった人も大勢!これらの多くの人達は家族と離れ一人暮らしをしたり、家族ごと新天地に引越しするケースが多くなります。

引越しは移転手続きにあたり色んな事を決めなければなりません。

新居はもちろん、ライフラインの契約に住民票の移動、必要ならば健康保険の変更や各種届け出事項の変更も行わなければならず意外と重労働です。

社宅や寮など身の回りの着替えや日用品だけで引越せる場合を除き、引越しそのものも事前に準備しておくのとしておかないのとでは大きな違いが出てきます。

しかもその違いは手間だけでなくコストにも影響してくる可能性も。

備えあれば憂い無し、のことわざもあるように引越しが決まったらできるだけ迅速に引越し当日に備えての準備をする必要があります。

特に春先の引越しシーズンだと直前になってからでは業者の手配が間に合わない可能性もあります。

そうなると新生活のスタート時点でつまずく事にもなりかねません。

このような事態を避けるためにも前もって引越しにかかる情報を集め、更に引越しにかかるコストの相場を知っておけばより賢い引越しができるのです。

また引越しは自分で全て行うと安上がりと考えている人もいますが、実際にはそうでもないようです。

自分でレンタカーを借りて、荷造り用の段ボールやその他の梱包材を揃える費用、知人に手伝ってもらい家財を運び入れる作業を行って、その謝礼を支払ったり、あるいは搬出搬入時に壁や柱に傷をつけてしまった場合の保障費用などをトータルで考えると業者に依頼する方が安上がりになるケースの方が多いものです。

当サイトを通じてこれから夢と希望に溢れた新生活をスタートさせるために引越しに関する事前情報を収集していただき役立ててもらえると幸いです。

引越し料金は業者によって、最大2倍もの差があると言われています。

引越し一括見積りサービスのなかでも優秀なのが、「ズバット 引越し比較」です。

大手引越し専門業者はもちろん、厳選した180社以上もの引越し業者の中から、あなたに条件にぴったりの引越し業者へ一括見積り依頼ができるので、一番有利な引越し業者を選ぶことができるんです。

お見積もり依頼はもちろん無料。さらに、
引越し先にもよりますが、なんと最低でも5,760円分の嬉しい特典を手にすることができるんです!
→まずは引越し料金の相場を確認してみる。
→嬉しい特典、感謝キャンペーンを確認してみる。

引越し費用の相場